新築マイホームに初めて入った時は、さすがに誇らしく感じました。

新築マイホームに初めて入った時の気持ち・行動
Back Number
新築マイホームに初めて入った時の気持ち・行動

新築マイホームに初めて入った時は、さすがに誇らしく感じました

55歳 男性
新築マイホームに初めて入った時は、さすがに誇らしく感じました。

田舎に住んでいるだけに、一戸建ての家を建てて住むというのは世間体がよく、また妻の満足げな顔を見るだけでも、気持ちが充実してくるのがわかりました。
子供たちに対しても、就学前に家を建てて、転校の心配をさせなかったという点も、非常に良かったと思っています。
ただ、今でも残念に思っていることがあります。新築した家のトイレを最初に使うのは自分だと決めていて、いざその時が来てトイレのドアノブに手をかけた途端に、中から父親がすがすがしい表情で出てきたのです。
ずっと心に秘めていただけに、その時は愕然としてしまいました。
勿論、今となっては笑い話です。

実家へも数分で行けるので、今でも頻繁に顔を出しています。何もしてあげられていませんが、年をとった親にとっては安心感を持たれているようで、少しは親孝行ができているのかと感じています。

関連サイト

Copyright (C)2017新築マイホームに初めて入った時の気持ち・行動.All rights reserved.