新築のマイホームに、初めて入った時の気持ちは忘れることはできません。

新築マイホームに初めて入った時の気持ち・行動
Back Number
新築マイホームに初めて入った時の気持ち・行動

新築のマイホームに

57歳 男性
新築のマイホームに、初めて入った時の気持ちは忘れることはできません。
まだ、家具なども運び込まれていない新築のマイホームに入った時、ここが自分の家なのだと改めに深い感慨を覚えました。
嬉しいという気持ちや、やっと自分のマイホームが持てたという気持ちと共に、これから家長としてしっかりしないといけないと、引き締まった気持ちになりました。

やっとマイホームが建ったのだと、一部屋ずつ見て回り、自分の夢が現実になったことを確かめました。
その後、私がやったことは、庭に行って草むしりをすることです。
土地を買った時も草むしりをしたのですが、建てているうちに隅の方にまた雑草が生えていたのを見つけたのです。

ここが、自分のマイホームだと思うと、ずっとキレイにしておきたいという気持ちになり、自然と草むしりをしていました。
家族には、何も今草むしりをしなくてもと言われてしまいましたが、どうしてもやりたい気持ちだったのです。
たぶん、少しの高揚感と緊張感があったのかもしれません。

関連サイト

Copyright (C)2017新築マイホームに初めて入った時の気持ち・行動.All rights reserved.